福岡市南区で改善率92.7%以上!確かな実績のいのうえ鍼灸整骨院へ

いのうえ鍼灸整骨院


痛みを取るなら痛み止めの薬が有効です

久しぶりのブログになります。
みなさんコロナ生活を楽めましたか?
こんなこと言ったら怒られるかもしれません。
でも、僕は子供といる時間が長く取れました。
こんなに長く一緒に過ごす事は今後ないような気がします。
それだけに貴重な時間になりました。

コロナ中は当院は完全予約制で営業していました。
完全予約制の方が仕事がしやすいので今後も継続しようと考えています。

その間に来た患者さんとのやり取りで同じような事が続来ました。
今回はそのお話をしようと思います。

今回お伝えしたい事は痛みは体の「火災警報器」だという事です。
火災警報器とはみなさん知っていると思います。
火事になった時に「ジリリリ」と大きな音でみんなに知られせてくれるものです。
火事になったからと言って火災警報器の音を消しても火事はおさまりません。
火事になったら火を消さないといけません。
もっというと火を消す前に火事になった火もと(原因)を消さないといけません。

これと一緒で痛いとういうのは体に悪いところがあるという事を教えてくれているのです。
なので痛みを消そうとしても消えません。
治すべきところは体の悪いところです。
悪いところををなおさないと痛みは取れません。
これには、裏技も存在します。
それは痛み止めの薬です。
痛み止めは体の火災警報器の音を止めてくれます。
しかし、火事はおさまりません。
つまり痛みは取れたけど火事は進行中です。
痛み止めの薬の他には鍼やマッサージ、テーピングをする事で軽度の場合は痛みが軽減します。

こういう事を続けてきた人は結構います。
しかし、火事は進行中です。
結局、体が悪化してしまってそういう対症療法では痛みが止まらなくなってしまいます。
そういう状態になってしまった患者さんが続きました。
長年の痛みをごまかしながら生活してきたので体がひどいことになっていました。
体が全く動きません。
日常生活はできるレベルなのでしょうが、触ってもガチガチになっていて、関節の可動域はまともなところがありません。
このブログを読んでいる人にもたくさんいると思います。
自分でも自覚していると思います。
「体が硬いな」「昔のように運動できない」「若い時と比べて太った」など思っていると思います。
この体の硬さや運動できない、太ったなどはあなたが抱えているその痛みとは無関係ではないのです。

そう言った状態で来院されて、「痛みをすぐにとってくれ」と言われても不可能です。
何回も治療を続けて体のゆがみがなくなり動物として合格点レベルに動けるようになって初めて痛みが取れます。

今回は「痛みを取るなら痛み止め」というお話でした。
ではまた!!




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
福岡県福岡市南区井尻3丁目25-31 YM2ビル1階
アクセス:
JR笹原駅・西鉄井尻駅

JR笹原駅から徒歩3分
西鉄井尻駅から徒歩3分
マルキョウ井尻店正面
お問い合わせ・ご予約
092-572-2779
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ