福岡市南区で改善率92.7%以上!確かな実績のいのうえ鍼灸整骨院へ

いのうえ鍼灸整骨院


更なる進化への挑戦 前編

From:井上昇平

 

今年はというか今年からさらに施術の技術を上げていこうと思っています。

今までも去年よりも見違える程のレベルアップを目指してやってきました。

毎年結構進歩してきているなとは思っています。

 

しかし、今年からはさらにそのペースを上げていこうと思っています。

去年の年末にはこっそりとある行動をしていました。

今年からJTOC(日本トラディショナルオステオパシーカレッジ)に入学することにしました。

 

オステオパシーというのは簡単にいうとアメリカの整体のことです。

アメリカの整体というとカイロプラクティックが有名です。

しかし、世界的にみてカイロプラクティックとオステオパシーの患者人口が逆転しているそうです。

アメリカのオステオパス(オステオパシーをする人のこと)はD.O.(オステオパシードクター)は資格を取得するとM.D.(医師)と同じ仕事をすることができます。

なのでD.O.の中でもM.D.の仕事をしている人が多いそうです。

それくらいオステオパシーはアメリカで認められたものなのです。

カイロプラクティックにはD.C.(カイロプラクティックドクター)の資格もあるのですが、そちらはM.D.の業務はできないそうです。

 

オステオパシーは日本の整体にも影響をかなり与えていると思います。

日本の整体の技術を見たらよく

「それ、オステオパシーの〇〇のパクりやん!」

と思うことがあります。

 

どうして日本の整体ではなく、アメリカの整体であるオステオパシーを選んだのかというと、

オステオパシーはアメリカでは学問として大学で研究されているからです。

日本の整体はみんなバラバラでそれぞれの整体の技法がそれを作った人をお山の大将としてやっていて、かなり閉鎖されたものになっています。

やっていることが閉鎖的で同じ治療院業界の私でも知らない療法がたくさんあります。
 

その中には怪しいものがとにかく多いのです。

例えば、当院に来院された患者さんが通っていた治療院の中に「距骨下関節矯正」「大転子矯正」などと言う治療法を聞きました。
そういった治療院に行けば確実に体を見る前からその部分が悪いと決め撃ちされ、そこを治せば良くなると言われるでしょう。
体を診るフリをするかもしれませんが、確実に「悪いのは距骨下関節です。」と言われます。
大転子なんてもはや関節ですらありません。

*このエピソードを書き出したら止まらなくなったので、今回はこの辺にして続きは別に書きます。
 

整体が怪しいと思われるのはそういったものがあるからです。

プロである僕が新しい治療法を勉強する場合も「これ怪しくないかな?」と警戒します。

とにかく日本の整体は怪しいものが多いのです。

しかも閉鎖された空間なのでやりたい放題です。

話が日本の整体に逸れていってしまいました( ̄∇ ̄)
後編に続きます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
福岡県福岡市南区井尻3丁目25-31 YM2ビル1階
アクセス:
JR笹原駅・西鉄井尻駅

JR笹原駅から徒歩3分
西鉄井尻駅から徒歩3分
マルキョウ井尻店正面
お問い合わせ・ご予約
092-572-2779
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ