福岡市南区で改善率92.7%以上!確かな実績のいのうえ鍼灸整骨院へ

いのうえ鍼灸整骨院


〇〇に効くツボはうそ!?

From:井上昇平

井尻 いのうえ鍼灸整骨院より



IMG_2607.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

鍼灸治療をしていたら、よく質問されることがあります。

 

「〇〇の調子が悪いのですが、〇〇に効くツボってありますか?」

 

よく女性週刊誌なんかに載っているような内容です。

 

確かにあることはあるのですが、

 

雑誌に載っていたツボを押したり、揉んだりしてよくなりましたか?

 

押したり、揉んだりしてもたいした効果がなかったりするのですが、

 

お手軽だし、効果がなくてもおまじない程度の気分でやっていたりして、

 

効かないからといって、怒ったりもしないし、まあそんなもんかと流していると思います。

 

 

そういった〇〇の調子が悪いという症状に対してはこのツボというのは、

 

西洋医学的な対症療法的な考え方で、

 

東洋医学というのはこの症状にはこのツボというものではないのです。

 

東洋医学的な診断をしていきます。

 

なので同じ症状でも全く違うツボを使うこともあれば、

 

違う症状なのに同じツボを使うこともあります。

 

東洋医学では症状に関わらず、体のいろんな部分を調べて診断していきます。

 

この診断の事を「証」と言います。

 

多くの場合は、脈、お腹、舌などをみて証を診断します。

 

証を診断して、その証に対してツボを選択していくので、

 

〇〇という症状に対してこのツボということにはならないのです。

 

 

ただ、症状に対して効くという有名なツボというのは結構あるのはあって、

 

全く使わないというわけではないのですが、

 

使っても最終的なスパイス的なもので、やはり主に使うのは証によるツボです。

 

 

東洋医学について書いていきましたが、

 

内容が理解できましたでしょうか?

 

これからちょこちょこ東洋医学について書いていこうと思っています。

 

 

鍼灸師の中でも結構多いのが、

 

患者さんに東洋医学的な説明しても怪しまれるので、

 

治療は東洋医学に則って治療をして、

 

治療の説明は西洋医学的に行うということです。

 

私も養成学校のときに先生にそう教わったのですが、

 

やっぱり説明していて無理があるなと思いました。

 

そんなに難しくないので、患者さんに東洋医学を知ってもらおうと思いました。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
福岡県福岡市南区井尻3丁目25-31 YM2ビル1階
アクセス:
JR笹原駅・西鉄井尻駅

JR笹原駅から徒歩3分
西鉄井尻駅から徒歩3分
マルキョウ井尻店正面
お問い合わせ・ご予約
092-572-2779
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ