福岡市南区で改善率92.7%以上!確かな実績のいのうえ鍼灸整骨院へ

いのうえ鍼灸整骨院


中国の発展

DSC017381

From:井上昇平

井尻 いのうえ鍼灸整骨院より

 

私の知り合いで中国出身のAさんがいます。

日本に来てもう何年も経っています。

日本語はペラペラです。

 

年末年始は久しぶりに中国に帰ったそうです。

2年ぶりの帰省だったそうです。

2年ぶりだと会いたい人がたくさんいて楽しかったそうです。

 

その中で、実家の近くが随分発展していたといっていました。

Aさんの実家は日本人には有名な街ではないそうです。

北京の近くの内陸部にあるそうです。

 

有名な街ではなくても人口はなんと400万人!

中国のスケールの大きさが感じられます。

 

ニュースか何かで聞いた話しだと、

中国の海沿いの都市が発展していると聞いていました。

海沿いの都市と内陸部で貧富の格差があるということも聞いていました。

 

Aさんの話しだと内陸部も発展してきているようです。

しかも発展の仕方が凄いそうです。

 

2年帰らなかったら、変わり過ぎて一人では出歩けないほどだそうです。

中国は発展の仕方もスケールがデカいですね。

 

急速に発展していた中国も色んな問題があって、

勢いが落ちているのかと思っていました。

もしくは私がニュースを見なくなっただけか。。。

実際にはどんどん発展しているようです。

 

国の大きさから考えて日本が太刀打ちできないのは当たり前ですよね。

仕方がないので他のやり方で日本は進まないといけないのでしょうね。

全く日本の将来なんて考えたことないので、

話しは発展しませんが(^_^;)

 

 

 

忘れてはならないのが、中国は鍼灸の発祥の地です。

中国から日本に鍼灸が伝えられました。

 

そして、日本で鍼灸は独自の発展をしてきました。

鍼灸といっても、中国と日本ではやり方が結構違います。

 

インドのカレーを日本のカレーに作り替えただけあります。

日本人は鍼灸もカレーと同じように日本独自のものに作り替えました。

 

大きな特徴としては鍼がとても細くて、痛くない治療をするようになりました。

鍼を打つ時も鍼管というものを使って打ちます。

中国は鍼管を使わずに直接打ちます。

鍼管を使った方が痛みが柔らかくなります。

 

刺す深さも日本式はとても浅く刺します。

1ミリしか刺さない人もたくさんいます。

その他にもいろいろと改良されて日本式の鍼灸になっています。

 

改良といったけど、どっちがいいのかというのは分かりません。

患者さんによっても、術者によっても好みが違います。

 

日本式は独自の進化をしていきましたが、

元となるものは中国の古典です。

中国の古典の解釈の仕方で中国式と日本式でやり方が変わってきました。

 

もし、鍼灸院を探している方がいたら、

こういうものからも選んでみるといいかもしれませんね。

中国式と日本式を両方受けてみるといいですね。

当院は日本式です\(^o^)/

 

更に日本式といってもたくさんの流派があって○×△□

きりがないので今日はこのへんで(^_^;)

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
福岡県福岡市南区井尻3丁目25-31 YM2ビル1階
アクセス:
JR笹原駅・西鉄井尻駅

JR笹原駅から徒歩3分
西鉄井尻駅から徒歩3分
マルキョウ井尻店正面
お問い合わせ・ご予約
092-572-2779
営業時間:
午前:10:00~15:00
午後:17:30~22:30
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ