福岡市南区で改善率92.7%以上!確かな実績のいのうえ鍼灸整骨院へ

いのうえ鍼灸整骨院


腰痛その4 腰痛には安静が必要か?

いのうえ鍼灸整骨院井上です。

先ほど過去のブログを見ていました。

更新頻度の少なさに反省させられます((+_+))

これからは月2回の更新を目標に頑張っていこうと思います。

・・・・。やっぱり月1回の更新くらいを目標に頑張っていこうと思います。

             image2

3月4月はぎっくり腰になる患者さんの来院が多かったです。

ぎっくり腰になると病院などでは「痛みが取れるまで寝ているように」と指導されます。

ところが最近の研究結果では、「耐えられる範囲で日常生活を続けてもらうほうが回復が早い」となっています。

ではどちらが正しいのでしょうか?安静か?日常生活か?

現在治療を行って思うことは、日常生活を続けてもらった方が回復が早いように思います。

しかし、「耐えられる範囲」も「日常生活」も程度が人それぞれで分かりにくく曖昧なように感じます。

主婦の方などは、耐えられる範囲で日常生活を続けていただくと、日に日に回復していくのが感じられます。

一方、会社勤めの方は、数日後に痛みが増していることもよくあります。

「耐えられる範囲」「日常生活」の解釈がそれぞれ違っているからです。

会社勤めの方は、無理しないようにといっても、少々無理をしてしまいがちなようです。

そこで程度にもよりますが、最近は「今日、明日位は安静にしておいて下さい」と指導することが多いです。

2日くらい安静にしてもらって、炎症が治まってきてから、耐えられる範囲で日常生活を送ってもらいます。

2日くらい安静にしていた方が、途中で痛みが強くなりにくいように感じます。

私が治療を行っての実感なので、100%これが正しいというものでありません。

もしこれより良い方法を知っている方がいましたら、情報をおまちしております!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いのうえ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
福岡県福岡市南区井尻3丁目25-31 YM2ビル1階
アクセス:
JR笹原駅・西鉄井尻駅

JR笹原駅から徒歩3分
西鉄井尻駅から徒歩3分
マルキョウ井尻店正面
お問い合わせ・ご予約
092-572-2779
営業時間:
午前:10:00~15:00
午後:17:30~22:30
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ